C型肝炎の治療薬

 日本は肝臓癌の発生率が高い国の1つとされており、その主な原因がC型肝炎ウイルス(HCV)である。従来、C型肝炎ウイルスの治療は、インターフェロン(IFN)製剤、リバビリン(コぺガス、レベトール)の併用療法が推奨されてきた。しかし近年、直接作用型抗ウイルス薬(DAAs)の使用が主流となってきている。これは、IFNを必要としない治療法で、持続的ウイルス陰性化率(SVR)を向上させている。DAAには、ダクラタスビル(商品名ダクルインザ錠60mg)とアスナプレビル(商品名スンベプラC100mg)の併用、レジパスビル・ソホスブビル配合製剤(商品名ハーボニー配合錠)などがある。

 HCV感染者は、世界で1億7000万人、日本では150万〜200万人と推定され、このうち70%がジェノタイプ1とされている。このジェノタイプ1に上記のDDAが特に有効であることが知られている。さらに2016年11月18日に抗ウイルス薬エルバスビル(商品名エレルサ錠50mg)、グラゾプレビル(グラジナ錠50mg)の2剤が薬価収載と同時に発売されている。適応は「セログループ1(ジェノタイプ1)のC型慢性肝炎またはC型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」である。この2剤の抗ウイルス作用は、HCVの複製や細胞内シグナル伝達経路を調節する蛋白質を阻害することにある。

 さて、C型肝炎患者がDAAによる多剤併用療法の結果として12ヶ月以上SVRを維持できているとすると、生命保険会社の新契約の引受査定はどのように変わるであろうか。実際、大半の臨床試験がDAAによる多剤併用療法の有効性を示唆している。たとえば、ジェノタイプ1のC型慢性肝炎患者を対象としたエルバスビルとグラゾプレビルの12週併用療法のSVRは高く、国内第3相臨床試験では96.5〜97.1%と報告されている。米国でも同様の結果報告がある。  

 新契約の引受査定は、おそらくHCVに対するDAA治療を受けた生命保険申込者をほぼ標準体での引受可能となるであろう。しかし鍵となる要因は、基礎疾患となる肝臓病変の広がりである。肝硬変治療中の患者であれば、なおさら大きな関心事である。というのも、たとえ肝炎ウイルスが存在しなくても、肝硬変は肝細胞癌発症のリスクとなるからである。 

 最大の制約因子は、DAAの膨大な費用である。たとえば、2015年9月に発売されたC型肝炎治療薬ハーボニー配合錠は、当初1錠約8万円と高額だったことから、国民医療費を圧迫すると批判された。このため、年間売上1000億円超となる薬価を大幅に引き下げる厚生労働省の特例対象となり、16年4月から、5万4796円になった。それでも依然として高額な薬剤であることには変わりはない。

 さらには、この高額な薬剤の偽造品も出回るようになったようである。2017年1月17日に厚生労働省は、C型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品が奈良県内の薬局チェーンで発見されたと発表した。これもハーボニー配合錠が高額ゆえに一儲けしようとした悪い奴らがいるということだろう。食品偽装ならぬ薬剤偽装である。

  ハーボニー配合錠を製造・販売するギリアド社(GILEAD)も、テレビCMで「C型肝炎のない明日へ」と題して最短12週間で飲み薬のみの治療により治癒を目指せると喧伝している。過日、新契約の告知書で、「C型肝炎 4週間の服薬治療で完治」という告知を見た。早ければ4週間でHCV-RNAが陰性つまりウイルスが検出できなくなるようである。

HCV遺伝子別12ヶ月SVR

遺伝子  全症例   肝硬変  慢性肝炎
治療歴無し
慢性肝炎
治療歴無し
93% 91% 93% 93%
86% 77% 88% 80%
75% 68% 78%
69%
90% 84% 88% 93%

(出典:Gastroenterology,151(2016):457-) 

 したがって現在HCV-RNA(-)で肝機能も基準値以内であったとしても、肝硬変の有無が肝癌発生リスクを左右する大きな予後因子であることには変わりはない。つまり慢性C型肝炎の罹患期間を考慮すべきことは言うまでもない。

注)HCV-RNA定量(Log IU/ml)<1.2で検出せず。測定下限(1.2 Log IU/ml)未満で、HCV増幅反応シグナルを検出しない状態をいう。

ブラッドパッチ療法

2012年6月1日付で硬膜外自家血注入療法(ブラッドパッチ療法、epidural blood patch; EBP)が先進医療(第2項先進医療63番)として認められました。

硬膜外自家血注入療法とは、脳脊髄液が漏出している部分の硬膜外に自家血を注入し、血液と硬膜外腔組織の癒着・器質化により髄液が漏れ出ている部分を閉鎖し、漏出を止める治療法です。起立性頭痛を有する患者で、脳脊髄液漏出症の画像診断基準に基づき確実であると診断されたものが対象です。治療後1~7 日間の臥床安静の後、退院となります。約8割の患者に有効とされています。

むち打ち後遺症として脳脊髄液減少症を患う数十万人の患者にとって朗報ですね。生命保険では先進医療特約が活用できますね。

再保険の定義について

 米国の保険数理人による教科書「Life, Health & Annuity Reinsurance」によると、再保険とは、保険会社が引受けた契約におけるリスクの全てもしくは一部を補償するために、その保険会社により購入される保険」と定義されています。ここで再保険を購入することを出再、その保険会社を出再者といいます。そして再保険を引受けることを受再、その保険会社を受再者といいます。

 保険を一般の契約者から引受ける出再者を元受保険会社とも呼びます。また再保険を引き受ける受再者を再保険会社と呼びます。この元受保険会社と再保険会社との間で結ばれる契約を再保険協約(reinsurance treaty)といいます。

 

再保険を一言で述べるならば、リスクの転嫁です。

 

再保険は、損害保険です。というのも元受保険会社の保険金支払による実損を補償するからです。よって生命保険再保険も損害保険です。保険業法は第3条において生損保の兼業を原則禁止していますが、生命保険業免許でおこなえることの1つとして「生命保険と第三分野保険の再保険」を認められています。したがって生命保険の再保険については、生命保険会社が事業として行うことができます。

先進医療と平成24年度診療報酬改定

平成24年度診療報酬改定により、下記の既存の先進医療23技術が保険導入されるようです。

(1) 告示番号 4:インプラント義歯
(2) 告示番号 6:人工括約筋を用いた尿失禁手術
(3) 告示番号 11:CTガイド下気管支鏡検査
(4) 告示番号 13:筋強直性ジストロフィーの遺伝子診断
(5) 告示番号 16:抗悪性腫瘍剤感受性検査(HDRA法又はCD−DST法)
(6) 告示番号 26:腫瘍脊椎骨全摘術
(7) 告示番号 32:腹腔鏡補助下膵体尾部切除又は核出術
(8) 告示番号 36:エキシマレーザー冠動脈形成術
(9) 告示番号 39:三次元再構築画像による股関節疾患の診断及び治療
(10) 告示番号 43:隆起性皮膚線維肉腫の遺伝子検査
(11) 告示番号 46:内視鏡的胎盤吻合血管レーザー焼灼術
(12) 告示番号 48:先天性銅代謝異常症の遺伝子診断
(13) 告示番号 49:超音波骨折治療法
(14) 告示番号 54:色素性乾皮症の遺伝子診断
(15) 告示番号 58:腹腔鏡下直腸固定術
(16) 告示番号 60:肝切除手術における画像支援ナビゲーション
(17) 告示番号 65:内視鏡下小切開泌尿器腫瘍手術
(18) 告示番号 67:先天性難聴の遺伝子診断
(19) 告示番号 74:マイクロ波子宮内膜アブレーション
(20) 告示番号 78:内視鏡的大腸粘膜下層剥離術
(21) 告示番号 85:腹腔鏡下膀胱内手術
(22) 告示番号 86:腹腔鏡下根治的膀胱全摘除術
(23) 告示番号 88:根治的前立腺全摘除術における内視鏡下手術用ロボット支援

 

新契約引受査定者の役割

生命保険会社による生命保険販売の成功の鍵は、「生命保険申込者」「生命保険募集人」「生命保険会社の新契約引受査定者」の相互協力にあります。生命保険募集人である皆さんの認識も同じだと思います。

→続きを読む

お客さまの新契約引受査定への不安

一般に成功している人には高度に発達した本能のような感覚があります。それは、自分の経験を記憶し、その経験を学んだ知識や技術と組合せ、現在の必要とする状況下ですぐに応用できるという能力に基づくものです。

→続きを読む

見込顧客の保険料率、特約、条件変更に対する受容度

  特価商品のチラシ広告を見て、それを買うためにお店へ行ったとします。ところが行ってみるとその商品はありません。そして、その店舗の販売員が「申し訳ございません。その商品は品切れですが、こちらの同性能の商品ならございます」と言って、より高額な代替商品を提案してきたら、どう感じるでしょうか?多分あなたは、その店の現場管理者を良く思わないか騙されたと感じるでしょう。意図的なおとり販売は道義に反するだけでなく違法にもなりかねません。

→続きを読む

同意書・承諾書と守秘義務について

承諾書や同意書に不備があると、新契約の引受査定が不必要に遅延します。そして契約確認についての事前の説明不足は、しばしばお客さまと調査員の間でトラブルを引き起こし、引受査定の遅延につながります。募集人の方々が、お客さまへ同意書や告知の注意事項を説明し見直す時間を取ることで、このような遅延は避けられます。

→続きを読む

添え状(添付書類)の勧め

新契約引受査定の過程には、われわれが思いもよらない真実があります。それは、微妙で複雑な新契約事案の意思決定に際して、査定者が本当に必要とする詳細な事実は、実は保険申込書や告知書では集めきれていないということです。そして、査定者は実際に保険申込者に会ってもいないし、彼に話しかけてもいません − よって代わりに査定者は保険申込書に記載された事実と告知書の個人病歴聴取に完全に依存しているのです。

→続きを読む

添え状(添付書類)の効果

 添え状には2種類ある。一つは生産的情報を含んだもので、査定者が案件を秩序立って見るのに役立ち、これによってリスク評価ができる。もう一方はいわゆる「あてにならない話」である。それは手元にある案件の問題と本当は関係がなく、ぼんやりとしていて、膨らんだ発言となり、読み手を混乱させる(最悪の場合、査定者に疑いを持たれてしまう)。
  添え状の価値を明らかにするのに役立つ、ある話を紹介しよう。今から10数年前、私が大手生命保険会社の危険選択部門の査定医として働いていた時の話である。私は、40歳男性弁護士が被保険者の生命保険申込書を見ていた。被保険者の年齢と申込保険金額から、安静時心電図検査と胸部]線写真が必要とされた。

→続きを読む

組織を変えよう!!

ジョン・P・コッター氏は、ハーバード・ビジネススクール教授で、リーダーシップ論や企業変革の世界的権威です。1981年34歳の若さで終身教職権取得をし、ハーバード大学の歴史の中で 最年少記録で教授となりました。彼が説く組織変革の8段階は次のとおりです。

1.危機意識を高める

2.推進チームをつくる

3.ビジョンと戦略を立てる

4.ビジョンを周知する

5.メンバーが行動しやすい環境を整える

6.短期的な成果を生む

7.さらなる変革を進める

8.新しいやり方を文化として根づかせる


→続きを読む

添え状(添付書類)のトピック

添え状のトピックスとしては次のようなものがある。

・ 申込案件提出の前にあなたが査定者と話し合ったこと。
あなたが理解している通りの同意可能なことの詳細、免除または変更できる要件、そのリスクの一時的な評価など。

・ 申込保険金額の正当性(被保険者の年収に対して)。

・ 保障の目的。

・ 特別な契約者、受取人、保険料負担者であることの基にある理由の説明。

・ 関連する申込書の数(特にそれらが同時に提出されない場合)。

・ 微妙な治療歴の詳細(アルコール、薬物乱用、精神障害など)。

・ 犯罪記録、破産や関連する財務上の困難、悪い自動車運転記録。

・  一般的でない、または特別保険料が課される職業や趣味の詳細。

・  顧客が服用している薬剤の詳細、処方薬と市販薬の両方。

・ 査定上問題となる可能性がある地域への海外旅行計画の詳細。

・ 予想される問題への説明など査定要求事項を完記することに必要可能性のある問題。

・ 他社加入状況の詳細。

・ この案件があなたにとって特別に重要であるかの率直でざっくばらんな説明。
(MDRT資格の基準などの)締め切りがあるか。査定者がどのように手伝えるか。

 

添え状は募集人と査定者の情報交換の場である。状況に応じて必要なだけの長さであるべきである。この点においては短いことが常に有用であるとは限らない。

→続きを読む

手術照会メールフォーム

 下記のフォームに必要事項を記入して送信ボタンを押してください。

  1. 病名、手術名については、可能なかぎり漢字でご記入ください。たとえば、カンドウミャクにも心臓の冠動脈と肝臓の肝動脈と全く別部位のことがあるからです。
  2. 身体の部位は、左右の別、上下の別も含めて書いてください。
  3. 手術の術式は、□ にチェックを入れてください。

 注意)免責事項
 生保普通保険約款の約款条項にもとづき一般的な判断をご回答いたします。 お支払に関してお約束をするものではございません。あらかじめご了承ください。

会社名(必須)

(例:山田商事株式会社)
お名前(必須)

(例:山田太郎)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
病名(漢字)

(例:狭心症)
手術名(漢字)

(例:冠動脈形成術)
身体の部位

(例:頭、右眼、左上肢、腰椎など)
手術の術式
開頭術
開胸術
開腹術
ファイバースコープ
血管カテーテル
経皮的
経尿道的
経膣的
レーザー
その他
コメント
※2500 文字以内でお願いします

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。


◇ご連絡先メールアドレス◇
 info@assume.co.jp